Re Grip=グリップ交換であなたのゴルフが上達!NO1グリップ

JAPANEASEENGLISH
CONCEPT MOVIE

CONCEPT
NOW ON Official facebook
NOW ON ゴルフアカデミー
Re Grip
日本発、世界初。
磨耗力。
NO1グリップサイズ
REGRIP 挿入方法・使用方法の注意:ゴルフグリップ交換
50 NO1 GRIP SERIES Soft&Solid
50 NO1 GRIP SERIES:MATTE BLACK
No1パターカバーホルダー&グリーンフォーク
ダブルネームキャディーバッグ
NEW NO1 GRIP 「ICHI」:ハイブリッドゴルフGRIP交換
NEW WHITE NO1 GRIP SERIES:ゴルフGRIP交換
50 NO1 GRIP SERIES「読売巨人軍公認コラボグリップ」:ジャイアンツコラボGRIP交換
50 NO1 GRIP SERIES:ゴルフGRIP交換
48 NO1 GRIP SERIES::カラーGRIP交換
NO1 GRIP EXPERT:ゴルフGRIP交換
43 NO1 GRIP SERIES:ゴルフカラーGRIP交換
CONCEPT MOVIE:カラーゴルフグリップ交換
「NO1グリップ」の類似商品にご注意ください。
販売店の方へ
NO1-GRIP KOREA SITE
NO1-GRIP

日本発、世界初。 こだわったのは、Made in Japanであること。

これまでに無いものをつくるために。理想のタッチ、フィール、フィット感を生みだすために。私たちがゆずれなかったこと。それは、生産を国内で完結させることでした。国内生産ならではの高い技術力。開発者と技術者で密に重ねられる議論。NO1グリップの質感を、精密なものへと仕上げるために。国内ならではの、ものづくりの精度とコミュニケーションスピードを必要としました。そして、生みだされたNO1グリップ。そこには、Made in Japanならではの、技と想いが宿されています。
プロダクトを生みだすときに、必要なこと。それは、生産に関わる者すべてが一つになること。そうすることではじめて、プロダクトへの質の高さは伴います。NO1グリップが求めたのは、手に吸い付くような高い密着度。そのために、擁した開発期間は約2年間。強い信頼感とコミュニケーションスピードを基にして。優秀な技術を持つ日本の工場と意見を重ね合い、想いを一つにして開発・修正を繰り返しました。たとえば、試行錯誤のうえ素材として見いだしたのは、ゴムではなく高精度樹脂。そして、表面の溝の仕上げを全て手作業で行う、など細部にまで思想を徹底しました。
Re Grip
日本発、世界初。
磨耗力。
コンセプトニュース&メディアアイテムプロフェッショナルユーザーズカンパニーコンタクトPAGE TOP
Copyright (C) 2010 NOW ON Co.,Ltd